2010年09月16日

イスラエル化粧品会社Ahava最高経営責任者が成長するボイコットに混乱

プレスリリース
2010年9月14日
CODEPINK

会社により出された虚偽の主張が「盗まれた美」キャンペーンにより論破される

ワシントン - 9月14日 - Ahava死海製造所 - 成長する国際的ボイコットキャンペーンの中心をなす会社 - 最高経営責任者、Yaacov Ellisの編集主任から、会社の小売り協力者たちに宛てられ、最近、内密に出回っている書簡で、エリスは、彼自身の会社の商習慣のまことしやかな情報、イスラエルのパレスチナ西岸の占領についての両立し得ない主張、ボイコットキャンペーン支援者についての無根拠なあてこすりをを繰り広げる。この書簡は、合衆国で、女たちの平和集団、CODEPINKとその「盗まれた美」Ahava ボイコットキャンペーンが導く圧力の1年後に、そして最高経営責任者による、彼の会社の不法な商習慣に関する求めた質問への返答の完全な拒絶に続いて現れた。

(略)

全文:Common Dreams.org

関連記事:「南アフリカ人権団体がシオニスト同盟によるAhavaボイコット批判に応じる」Mondoweiss
GILAD ISAACS
2010年09月14日

これは、Open Shuhada Street (OSS) から南アフリカシオニスト同盟 (SAZF) に送られた公開書簡である。OSSは最近、Ahava製品に対するボイコットキャンペーンを開始し、AhavaとSAZFの両方から悪質な応答を受けた。これは彼らの返答である。

(公開書簡翻訳省略)

 Ahavaがもがけばもがくほど、その違法性を告発する機会となるから愉しい。


posted by mizya at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | letter | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。