2010年09月16日

イスラエル兵が手錠のパレスチナ人に発砲

2010年09月15日水曜日

 イスラエルメディア筋は、イスラエル兵が火曜日朝 (14.09.2010) 、テルアヴィヴ市で、手錠されたパレスチナ青年に発砲し、殺したと確認した。

 イスラエルのチャンネル2テレビ局は、火曜日午前の早い時間、警官隊がイスラエル車輌窃盗に関わった容疑で、テルアヴィヴのパレスチナ青年4人を拘束したと確認した。青年のひとりが殺され、もうひとりは何とか逃げた一方、残りの2人はイスラエル占領当局により拘留された。テレビ局によると、「逮捕の間、銃の発砲音が聞こえ、次に手錠された拘留者のひとりが身体上部を撃たれて倒れた。彼はその後まもなく死んだ」。

 チャンネル2によると、青年に発砲したイスラエル警察官は、弾丸が「武器からふとしたことで発射され」、パレスチナ青年18歳の背中に命中、殺すに到ったと主張した。

原文:Middle East Monitor

 手錠の容疑者(裁判前だから「推定無罪」)を撃ち殺したら「国際版ニュース」だと思う。このようなニュースを報じないことで、ニッポンのマスメディアを含む国際メディアは、イスラエルの「刑罰免除」に加担している。


posted by mizya at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック