2010年09月17日

米国外交官がイスラエル非難恐れる

2010年09月12日

ウィーン、9月12日 (UPI) -- 国際原子力機関米国大使は、アラブ大使たちが、次の理事会会議でイスラエルを非難するかもしれないと恐れると、Asharq al-Awsatは報じた。

 日曜日、新聞との単独インタヴュで、国際原子力機関米国大使、Glyn Daviesは、アラブ大使たちに、5月の核拡散防止条約を見直したニューヨーク会議で達成された国際合意内で取り組むよう求めた。

 アメリカ人外交官は、「イスラエルに、2012年会議に参加するよう促す政策を実施するための一致した態度として、核兵器のない中東という、すべての党派が求める目的達成のため取り組む必要性」を新聞に語った。

(略)

全文:UPI.com

関連記事:「米国がアラブ諸国にイスラエル核条約要求を降ろすよう促す」Haaretz.com
2010年09月13日
国際原子力機関米国使節が、イスラエルに核拡散防止条約に調印するよう求める決議は、中東和平交渉に否定的信号を送ると語る。
Reuters

46893135.jpg
ソレクのイスラエル核研究センター
Photo by: AP

 イスラエルに核拡散防止条約調印を求めることは、中東和平交渉に否定的信号を送ることになどならない。米国が常にイスラエル保護にまわり「刑罰免除」を助長してきたことが、「中東和平交渉」を長引かせてきた原因なのだから。寝言も休み休みにして欲しい。


posted by mizya at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック