2010年09月18日

プラスチック製造花

2010年09月16日

然り、入植地はプラスチック製造花に過ぎない - 外国の土にくさびで留められ、自身の醜さの他何ものをも生産しない。
Gideon Levy

 わたしたちの窓台に立つ大きな鉢に、あふれるプラスチック製造花。色は明るくけばけばしいが、近づくならだれも、花が本物でないと見てとれる。それらは、根がなく、命がなく、僅かの優雅もなく、そして、それらは本当の風景を覆い隠す。わたしたちの家を訪問するだれもがすぐに、承認しかねるまでに醜いプラスチック製造花に気付く。

 わたしたちの客は、尋ねているように思える:何故あなたは、それほど多くの遥かに美しい本物の花があるのに、それらを必要とするのか? しかしわたしたちは、人びとが何を言おうと、それらを保つと主張する。長年、わたしたちは、花壇にもっと多くのプラスチック製造花を加えるように戦ってきた;だれかが、それらの醜さからわたしたちを救おうと、それらを引き抜くといけないので、それらを有刺鉄線で取り囲みさえした。

 然り、入植地はプラスチック製造花に過ぎない - 外国の土にくさびで留められ、自身の醜さの他何ものをも生産しない。人工で場違い、それらがもたらした損害の外、何ものをも育てたことがない。アリエルの劇場に関するいさかいに消耗され、わたしたちは最も重要なことに気付かなかった:入植プロジェクト開始以来、ほぼ40年が経過して、そしてなお、入植地は、主権者イスラエルから芸術を輸入しなければならない。

(略)

全文:Haaretz.com


posted by mizya at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。