2010年09月18日

アムネスティがガザ戦争後の「責任欠如」を非難

2010年09月16日木曜日

ベツレヘム (Ma'an) -- 国連真実調査団が、ガザとイスラエル南部での2008年闘争で、イスラエルとパレスチナ、どちらもが戦争犯罪、人道に対する罪の可能性、国際法の他の違反を犯したとする結論を下した1年後、アムネスティ・インタナショナルは、「継続的責任の欠如」を非難し、正義への希望が不安定な状態にあると警告した。

(略)

全文:Ma'an News Agency


posted by mizya at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。