2010年09月22日

リーバーマンを凍結せよ

2010年09月20日

入植地建設を保留する要求は、口実ではない - それはパレスチナが保持しうるほど正統の立場だ。何故彼らが、イスラエルを唯一の例外として、全世界の支持ある条件を放棄しなければならないのか?
Akiva Eldar

 或るものは、領域での入植地建設凍結延長に関する口論が、西岸の運命の交渉から大衆ををそらすと語る。或るものは、この、始まったばかりの会談で、最終地位協定に到達する挑戦を与えられる時、そのような取るにたらない問題で、政治機構を妨げるのは恥と言う。

 外務大臣、アヴィグドール・リーバーマンはしかしながら、入植問題が重要でない何かとみなす。リーバーマンは、英国外務大臣、ウィリアム・ハーグに、今週電話で、凍結は、直接会談を攻撃して無力にするパレスチナの口実以上の何ものでもないと語った。「この1年、イスラエル政府は、広範な善意のジェスチャーを示し、今はパレスチナの番だ」とリーバーマンは、何故凍結を延長できないか説明して語った。

 入植地建設を保留する要求は口実ではない - それはパレスチナが保持し得るほど正統の立場だ。何故彼らが、イスラエルを唯一の例外として、全世界の支持ある条件を放棄しなければならないのか? 建設凍結は、イスラエルの「ジェスチャー」でもない - 中東ロードマップを採択した2003年5月の決定で、イスラエル自身、すべての入植活動 (自然増加を含む) を凍結し、2001年3月以降設立の前哨基地解体を約束した。文書は、入植地問題が、撤去される違法入植地と前哨基地を除き、最終地位交渉でのみ処理されると明言した。それにも関わらず、入植地建設は続き、前哨基地は、増殖され拡張された。

(略)

全文:Haaretz.com


posted by mizya at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。