2010年09月23日

ネタニアフがパレスチナ国境にイスラエル軍を配備したい

AP
2010年09月21日火曜日

 ベンヤミン・ネタニアフ首相は、将来のパレスチナ国家の東国境に、イスラエルはその軍隊維持を望んでいると語った。
 パレスチナはこの見解を拒否し、和平協定の一部として、ヨルダンとの西岸国境沿いに、多国籍軍を提案した。

 ネタニアフは、昨日の会議召喚で、米国ユダヤ人指導者らに「ユダヤの人びとの防御で依存できる唯一の軍は、イスラエル国防軍だ」と語った。
 首相は、多国籍軍がイスラエルの安全を保証し得ないと語った。彼は、イスラエル軍が西岸地区-ヨルダン国境から撤退するなら、パレスチナ民兵がパレスチナ国家からイスラエルを攻撃すると恐れる。

 パレスチナ大統領、マフムード・アッバスは、イスラエル軍の配備はパレスチナ主権を侵害すると主張する。

原文:The Independent

 もはや涸れそうなヨルダン川の水を確保したいと言うことだろう。イスラエル国防軍はパレスチナにとっては窃盗集団か暗殺集団、パレスチナの安全を脅かしておいて、自国の安全ばかり主張しても説得力はない。


posted by mizya at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック