2010年09月24日

イスラエルが東エルサレム家屋を破壊

2010年09月23日

エルサレム (Ma'an) -- イスラエル軍は、火曜日、東エルサレムのアットゥル地区で、所有者に家屋は許可なしで建設されたと告げ、家屋と小さな動物小屋を破壊した。

 10人の父親、ワーエル・ダルウィーシュ・ダナは、2カ月前、警告通知書を送達されたが、破壊に異議を唱えるため弁護士を雇ったと語った。
 訴状は提出されたが、裁判日程は設定されなかったとダナは語り、それにも拘らず、イスラエル警察が家に到着し、家族を退去させ始めた時は驚いたと付け加えた。

(略)

全文:Ma'an News Agency

関連記事:「エルサレム:イスラエル当局が農場を破壊し均す」Palestine News Network
2010年09月21日
Maysa Abu Ghazaleh - エルサレム PNN – イスラエル自然開発当局は、東エルサレムで火曜日、パレスチナ所有の農場を破壊し、農地を均した。

     「パレスチナ自治政府が入植者らはベツレヘムの村で土地を均したと語る」Ma'an News Agency
2010年09月23日
ベツレヘム (Ma'an) -- パレスチナ自治政府農業省の反-壁・反-入植地団は、水曜日、入植者らにより崩壊されたアル-ハデル村の土地を見学した。
 一団のまとめ役、Awad Abu Suwieyは、入植者らが、地所の一部、30×10メートを均し、ブドウの木30本とアーモンドの木数本を引き抜いたと語った。

 イスラエルの「当局」も「軍」も「入植者」も、土地盗みに余念がない。世界中が「盗んだ」と知っているのに、自分のものになるとでも思っているのだろうか。盗んだものはもちろん返却しなければならない。


posted by mizya at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック