2010年09月25日

エルサレム暴動再開;警察は射手を援護

警察署長は、シルワン住人を撃って死に至らしめたガードマンが、「危険な待ち伏せ」に遭遇した後、射撃したと語る。大規模な保安部隊が、事件に続き首都に展開した。 火炎瓶が、警察官、yeshiva(正統派ユダヤ教専門学校)、ユダヤ人の家に投げられ;石で婦人警官軽傷

Yair Altman
2010年09月22日

 エルサレム地区警察署長、Aharon Francoは、水曜日夜、東エルサレムの村で、水曜日早くにシルワン住人、サメール・サルハンを射殺したイスラエル治安ガードマンを援護した。

 Francoは、「初期調査によれば、ガードマンは、彼の発砲を促す、彼の命を危険にする事前に計画された待ち伏せに遭遇した」と記者団に語った。
 ガードマンは質問された後、制約条件下で拘留から解放された。

(略)

全文:Ynet news.com

 非武装で武装集団を待ち伏せするだろうか? もっとも「エルサレム地区警察署長、Aharon Franco」は、するのかもしれない、とすると、かなり「おつむ」はいかれている。

アーカイヴ:シルワン住人ふたりが入植地ガードマンに射殺された(09月25日)


posted by mizya at 18:31| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック