2010年09月26日

ガザ小艦隊攻撃:国連報告がイスラエルの「野蛮」を非難

国連人権理事会は、9人が死んだガザ封鎖破りへのイスラエルの「不均衡な」応答を告発する

Haroon Siddique
guardian.co.uk
2010年09月22日水曜日

 イスラエル軍が、5月のガザ封鎖を破る試みの小艦隊船団に対する彼らの致命的攻撃の間と後に、「国際人道・人権法を含む」国際法に違反したと、国連指名の委員団は、今日、語った。

 国連人権理事会実状調査団は、当時ガザに人道危機があったので、イスラエルのパレスチナ領域の海上封鎖は「非合法」と裁決した。

 今日発表された委員団報告は、小艦隊へのイスラエル軍の応答が「不相応」と記述し、「野蛮の容認し難い水準を示した」と述べた。

(略)

全文:guardian.co.uk

関連記事:「国連が支援小艦隊へのイスラエル襲撃の野蛮を告発」The Independent
David Usborne
2010年09月23日木曜日

 イスラエル軍は、9人を殺戮した、5月のガザ沖での人道支援小艦隊への襲撃で「野蛮の容認し難い水準」と「完全に不必要かつ信じ難い暴力」を展開させたことにより有罪であると、国連委員団は、昨晩発表の報告で述べる。

 実状調査団がジュネーヴ拠点の人権理事会により整えられた後、報告起草者3人は、軍が国際法に違反したと語り、挿話的出来事について、イスラエルに殆どどんな容赦もない。
(略)


posted by mizya at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。