2010年09月26日

国連原子機関がイスラエル標的のアラブ主導決議案拒絶

2010年09月24日

アラブ連盟チーフ:イスラエルが核兵器を維持するなら、中東は軍備競争に突入するだろう。
Shlomo Shamir and Reuters

 国連核監視団加盟国は、金曜日のイスラエルに地球的反核兵器条約に加盟するよう求めるアラブ発案の決議案を、合衆国の外交的勝利を立証し、かろうじて却下した。

 ワシントンは、中東での核弾頭禁止へのより広範な努力を脱線させ得ると、また、再開したイスラエル-パレスチナ和平交渉に否定的シグナルを送ると語り、象徴的に重要で - 拘束力もない - 決議案を、諸国に否決するよう主張してきた。
 国際原子力機関 (IAEA) 151ヵ国の総会で、46ヵ国の代表団が、決議案に賛成票を投じ、51ヵ国が反対、他の23ヵ国が棄権した。

(略)

全文:Haaretz.com

アーカイヴ:イスラエルが国連核機関に参加する提案を拒絶(09月25日)


posted by mizya at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。