2010年09月27日

ユダヤ人国家かイスラエルの民主主義か?

2010年09月26日

ベンヤミン・ネタニアフは、彼のアイデンティティが不確かだ:彼の不安は、イスラエルをユダヤ独自のものとするパレスチナの承認を求める、彼の要領を得ない要求の陰にある。

シュロモー・サンド

 ユダヤ人国家かイスラエルの民主主義か? イスラエルとパレスチナの間で行われているように見える会談で、ベンヤミン・ネタニアフ首相は、交渉パートナーに、イスラエルをユダヤ人国家と認めるように求めた。ひとは首相を:ユダヤ教の宗教的伝統遵奉がそれほどない男が、そのユダヤ・アイデンティティに確信がなく、これ故に、彼の国家のアイデンティティに関する彼の不確実 - そして、我々隣人からの合法化を求める必要を、理解し得る。

(略:面白いけど長いし、もう翻訳することに飽きてしまって。この記事は今日翻訳する7本目だから... いえ、8本目、ひとつの項目で記事をふたつ掲載しているのもあるから)

全文:Haaretz.com

アーカイヴ:書評:シュロモ・サンドの『ユダヤ人民の発明』(2009年10月24日)


posted by mizya at 20:43| Comment(2) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
貴サイトの頑張りには敬意を表していますが、あえて苦言を申し述べます。この翻訳は意味をなしていません。これは機械翻訳ですか?であれば飽きるも何もないとおもいますが…。
Posted by nakahara at 2010年09月27日 23:41
nakaharaさん、コメントが届くことは殆どないので、苦言でも反応を嬉しく思います。
報道記事を主体に翻訳していて、論評は個人的意見の表明、あまり手を出さないようにしているのですが、シュロモー・サンドの『ユダヤ人の起源』が日本語でも出版され、来日もしているので、その文脈での記事を興味深く思う方も少なくないのではないかと考え、段落をひとつだけ、翻訳しました。
報道記事も論評も、原文に忠実に日本語に置き換えていく方法ですから、「機械翻訳」の印象は否めません。訳しやすい英語もあれば訳し難い英語もあって、ただ、どれも同じやり方ですので、意味が届くか届かないかは原文の語り口とご理解いただければ幸いです。翻訳の専門家ではありませんから、情報の在処をお知らせしてそちらで読んでいただく入り口にでもなればと思っています。
ちなみにわたしが翻訳した段落を「エキサイト翻訳」にかけてみたら以下のようになりました。「take place」を「開催する」と翻訳してしまいましたが、この「エキサイト」の翻訳を読んで、そうだ、「場所の取り合いと見える会談」なのだ、と気づきました。

ユダヤ人国家かそれともイスラエルの民主主義? イスラエルとパレスチナ人の間の場所を取っているように見える会談では、ベニヤミン・ネタニヤフ首相は、イスラエルがユダヤ人国家であると認めるように彼がパートナーを交渉するのに頼みました。 人は首相を理解できます: したがって、ユダヤ人の宗教伝統で観察力が鋭いのは、少ししか、Aが配置されて、したがって、彼のユダヤ人のアイデンティティ、彼の状態のアイデンティティに関する彼の不安定が不確かであって、私たちの隣人から合法化を求める必要性ではありません。
Posted by mizya at 2010年09月29日 00:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。