2010年09月30日

米国連合がパレスチナにテーブルに残るよう不当な圧力

速報
2010年09月27日

ワシントン - 9月27日 - イスラエルの占領を終わらせる米国キャンペーンは、今日、違法入植地活動終結へのイスラエルの公然の拒絶にも関わらず、交渉のテーブルに残るようパレスチナに圧力をかけるオバマ政権を批判した。

「イスラエル入植地は国際法下、違法である」と、実行委員長、Rob Mosrieは語った。「イスラエルが、将来のパレスチナ国家に表向き指定されたまさしくその地域で、植民地化と民族浄化を継続する中、パレスチナに、闘争への想定される2国家解決を交渉するため、イスラエルと共に座り続けるよう強いることに意味はない」。

 米国の近東業務国務次官補、Jeffrey Feltmanによると、政権は「パレスチナに、会談から立ち去ることは彼らの利益になると、我々は考えていないと明らかにしている」。

「オバマ政権は、イスラエルがより多くのパレスチナ領土を食い尽くす間、パレスチナが交渉テーブルに残るよう、不当に腕をねじ上げている」と、全国唱道代表、Josh Ruebnerは語った。

(略)

全文:Common Dreams.com


posted by mizya at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。