2010年10月02日

シルワンが期限切れ兵器のイスラエルの使用を調査

2010年10月01日

エルサレム (Ma'an) -- シルワン住民は、地元住民が健康被害を引き起こすと語る、イスラエル軍による期限の切れた酸化した催涙ガス弾の使用の調査に乗り出すだろう。

 記者会見が水曜日、住民が地区での最近の衝突に引き続き、疲労・高熱・嘔吐・息切れの増加を報告した後、予備的調査が着手されたと、地元委員会が語った東エルサレムのシルワン抗議テントで行われた。

 催涙ガスは、その日早く入植者ガードマンに殺された、地元の男が埋葬された9月22日に始まった一連の衝突で、イスラエル兵士らと国境警察により展開された。衝突は、事件の後、殆ど日課のごとく着実に起こり、エルサレム地区の間の移動を禁じたイスラエルの封じ込めにより駆り立てられた。

 調査組織者、ファフリ・アブ・ディアブは、シルワン住民を病院に搬送する驚かされた医療従事者が、中毒の徴候をいくつかに認め、警鐘を鳴らしたと語った。

 ボランティアが、検査のため、地域から催涙ガス弾を集め、それらが12カ月以上も有効期限を過ぎていたこと、いくつかの場合、放出弁が酸化していたことに注意喚起した。

 下級化学兵器として、催涙ガス弾は一般に、5年か6年後に期限が切れ、期限経過後、しばしば訓練用に格下げされ、人びとに対して使用されない。

(略)

全文:Ma'an News Agency


posted by mizya at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。