2010年10月05日

入植者らがベツレヘム近くのモスクとコーランに放火

2010年10月04日月曜日
Saed Bannoura - IMEMC & Agencies

原理主義イスラエル入植者グループが、日曜日の夜、ベツレヘムに近いベイト・ファジャルのモスクに侵入、火を放つ。

 入植者らは、モスクのカーペットと床に火を放つ前、コーラン12部を燃やした。

 地元住人は、攻撃者らに気づき、イスラエル軍が現場に到着し入植者らを引き上げさせる前、彼らと衝突した;逮捕は報告されていない。
 モスクはひどく燃え、入植者らはまた、内壁に落書きした。

 事件は、被占領西岸のモスクに対する入植者らによりなされた一連の攻撃で最新のものだ。
 今年前半、5月、原理主義入植者グループは、西岸北部の都市、ナブルスの南、アル-ルッバン・アル-シャルキーヤ村の主要モスクに放火した。
 1月に、イスラエル警察は、違法西岸入植地、イツハルのイェシーバ (正統派ユダヤ教専門学校) 学生16人と成人入植者3人を、西岸中央の都市、サルフィトに近いパレスチナ村、ヤースフのモスク放火に関わった容疑で拘留した;モスクは2009年12月に燃やされた。

(略)

全文:International Middle East Media Center

アーカイヴ:西岸のモスクに放火(2009年12月14日)


posted by mizya at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。