2010年10月05日

建築家たちがイスラエル占領に反対

入植地凍結が終わって、国際的建築家たちは、西岸での違法建設終結のため行動しなければならない

Abe Hayeem
guardian.co.uk
2010年10月04日月曜日

Ariel-settlement-in-the-W-006.jpg
疑いを招く建築? 西岸入植地アリエルの建設現場
Photograph: Uriel Sinai/Getty Images


 西岸、アリエル劇場のボイコットを支持する決定で、グッゲンハイムで名声あるカナダ系アメリカ人建築家、フランク・ゲーリーは、違法入植地に反対して抵抗する増加する専門家組織体に加わる。典型的違法入植地、アリエルは、近くのパレスチナ村の開発を窒息させながら、パレスチナの土地を杭で囲って、気前良い境界に合わせようと絶えず拡張している。建設に20年の、国家が資金提供したその新文化センターは、11月に会館することになっている。

 建築と計画は、占領の道具であり、イスラエルのグリーンライン内か占領地かに関わらず、少数派としての人びとすべてに対する継続する戦争の一部を構成する。これは、力による追い立て・差別・土地や家屋の獲得を伴うゆえ、ジュネーヴ条約に反し、戦争犯罪関与と分類され得る。

 恣意的計画法は、入植者らにより建設された多くの違法計画で強要されず、そして、主要開発計画が完全な承認のないまま実行される。パレスチナ人により所有されていた領域は、そこでの彼らの存在を「違法」として、単に、緑地地域と宣言される。

 国家の政策と目的に従い、彼らの役割が政治的であることを否定するイスラエルの建築家たちに関して何を語り得るだろうか? 国際法下の違法行為のすべての証拠と、土地略奪、家屋破壊と追い立てでの人権不履行にも関わらず、イスラエルの建築家やプランナーたちは、彼らの活動を続けている。 彼らは、知らないと主張することはできない:中止を求める充分すぎる要請があったのだから。

(略:まだまだ長い)

全文:guardian.co.uk

アーカイヴ:建築家たちがアリエルを離れる(09月06日)

 つまりアリエルを離れたのは、イスラエルの建築家たちではなかったんだ。


posted by mizya at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。