2010年10月07日

パレスチナ国会議員、アフマド・サアダトが独房監禁で500日を越える

Middle East Monitor
2010年10月04日

 拉致パレスチナ国会議員解放国際キャンペーンは、今日、パレスチナ指導者で国会議員のアフマド・サアダトの、イスラエルによる拘留継続に関する記者声明を発表した。パレスチナ解放人民戦線 (PFLP) 事務総長、サアダトは、現在、最も非人道的条件の下、500日以上を独房監禁で過ごした。被占領パレスチナ領域からの、イスラエルによる議会人の拉致と拘留は、彼らの意志や不動を破壊しようと意図すると、キャンペーンは語った。イスラエルの無鉄砲な措置のすべては、今までのところ、国会議員たちの断固たる決断の前に、無惨に失敗してきた。

 キャンペーンは、世界中の議会人や彼らの協会、ことさら国際議員連盟、欧州議会、ヨーロッパ-地中海沿岸議会、アラブ議会連盟とイスラーム会議機構 (OIC) に、イスラエル占領当局により投獄されている、彼らのパレスチナ対応者 (議員) たちへの連帯を示すよう要請した。

原文:uruknet.info


posted by mizya at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | statement | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。