2010年10月11日

OECDトップが警告:エルサレム会議を中止し得る

2010年10月09日

世界経済団体トップは、エルサレムでの会議開催は、そこでのイスラエル主権支持を示すと主張する観光大臣を批判する。
Barak Ravid and Irit Rosenblum

 経済協力開発機構 (OECD) 事務総長、Angel Gurriaは、Stas Misezhnikov (我が家イスラエル党) 観光大臣が行ったコメントゆえ、エルサレムでの観光会議開催決定が迷惑を被ったと警告する手厳しい書簡を、ベンヤミン・ネタニアフ首相に送った。

(略:続く内容は殆どアーカイヴの記事と同じなので)

全文:Haaretz.com

アーカイヴ:観光大臣:イギリス、スペインがエルサレム開催でOECD観光会議ボイコット(10月07日)


posted by mizya at 01:15| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。