2010年10月15日

BDS成功:ユニリーバが工場を西岸から移転

2010年10月12日火曜日
Alternative Information Center (AIC)

 ユニリーバ・イスラエル・フーズは、ベーグル・アンド・ベーグル会社工場を、被占領西岸にあるバルカン工業地帯から、イスラエル内への移転を計画していると、ヘブライ語日刊紙、Maarivは報じた。

 この動きは、親会社、ユニリーバに対する、操業を入植地工業地帯から移転するか、もしくはイスラエル政府による大規模助成を含む、西岸のイスラエル企業に与えられる有利故の利益を集める工場から資本を引き上げるよう求める、パレスチナと国際的激しい圧力に続くものだ。

 イギリス・オランダ所有の多国籍企業、ユニリーバ・インタナショナルは、2008年以来、イギリス店舗のイスラエル入植地製品販売拒絶を受け、ベーグル・アンド・ベーグルから資本を引き上げようと試みてきた。しかしながら、違法アリエル入植地の工場という位置と、入植地産業の責任への高まる国際的要請で、会社は持株を売却できなかった。(つまり買い手がつかなかった、ということだ - mizya)

(略)

全文:Alternative Information Center

アーカイヴ:インクの前に考えて!(09月15日)


posted by mizya at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。