2010年10月16日

ロンドンのJazzaはパレスチナに協調して歌う

2010年10月14日
Mamoon Alabbasi – London

 多くのアーティストが、被占領パレスチナ領域のための援助調達と苦境に照明を当てることを支援するため、ただで公演するロンドンの「ジャザ音楽祭」が、火曜日、始まった。

 イヴェントは、文化も世代も越えた様々な音楽の混成を提供し、異なる聴衆は、ジャズスタイルやイギリス東北部の旋律の描写を横断した、古典的アラビアのウードから、現代パレスチナヒップホップと触れる楽曲を愉しんだ。

(略)

全文:The Palestine Chronicle


posted by mizya at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。