2010年10月18日

パレスチナの水危機は悪化する

2010年10月15日金曜日
CommonDreams.org
Nora Barrows-Friedman

「風がついにパレスチナに吹いてきた」と、友人は今日、ベツレヘムに近い小さな村、バッティルの家からの電話で語った。「今、わたしたちはついに呼吸できる」。彼は、うだるパレスチナの夏が終わりに近づき、秋が、乾ききった山腹や空気にその色を示しているので安心したと語った。しかし、友人の家、彼の村、被占領パレスチナ中で水は、何カ月もそうであったように、まだのろのろしたたる。

 ユダヤ系イスラエル人たちが、海岸への旅行、近所のプール、清浄な飲料水への束縛ないアクセス、最先端の汚水処理基盤、家庭での無限の流水に恵まれている時、境界、壁、検問所により隔てられた共同体のパレスチナ人は、天候が暑くなる、そして古めかしい井戸が干上がるその度ごとに、備え準備する。何週間も引き続く - ことさら、被占領西岸とガザ回廊の難民キャンプで - 蛇口から流れる水は実際全くなく、人びとは、生活の必要を満たすためばかりに、ビン詰めの水を購入することを強いられた。

 イスラエル軍占領下の西岸、ガザ回廊、東エルサレム、およびイスラエル内のパレスチナ人ベドゥイン社会のパレスチナ人にとって、水は歴史的に - 今年のように5カ月以上に延び得る - 夏の何ヵ月か、イスラエル国家による地下水台地の継続的資源泥棒と、政府がガザの人びとに対して続ける経済封鎖故に、ことさら貴重な有用品であった。

 アムネスティ・インタナショナルによる現在の統計によると、イスラエルは、北部山岳帯水層(被占領西岸内を流れるヨルダン川への国家の完全アクセスを含む、イスラエルに入手し得る多くの水源のひとつ)の80%の水を取得する;一方で西岸のパレスチナ人は、そのひとつの帯水層の残り20%のみで放置され、ヨルダン川の水へのアクセスが完全に禁じられる。

 しかしながらガザでは、イスラエル人権組織、B'tselem ( http://www.btselem.org/English/Gaza_Strip/20100823_Gaza_water_crisis.asp) の報告によれば、地下水の95%は、極端に汚染されており、人間の消費に適さないと考えられる。水危機は、イスラエルが回廊の中に捕らわれた150万パレスチナ人に対する窒息させる封鎖を維持する時、厄介な位相に入った。2007年のハマース党の政治的乗っ取りで、集団懲罰として実施されてきたこの封鎖は、水基盤の修復に必要とされる本質的産業原料を含む - 何百種もの品目の搬入を妨げる。

(略)

全文:Common Dreams.org

アーカイヴ:ヨルダン渓谷のイスラエル併合がパレスチナを搾取して干上がらせる(10月02日)


posted by mizya at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。