2010年10月19日

入植者により衝突された第2の子どもが拘束された

2010年10月17日

エルサレム (Ma'an) -- イスラエル警察は、10月8日、東エルサレム、シルワン地区の閃光散るポイントで、イスラエル入植者組織指導者に衝突された、ヴィデオに現れた12歳の少年を、日曜日、拘束した。

 オムラン・ムハンマド・マンスールは、エルサレムのロシア複合拘留センターに、尋問のため連れて行かれ、両親の同伴は許されなかったと、Ma'anの特派員は語った。

 マンスールは、9月22日、イスラエル入植者ガードマンによるパレスチナ住人殺害に続く不穏な数週間、地区の抗議行動で、彼らが石を投げている時、エラド指導者、David Be'eriに、車で衝突されたふたりの子どものひとりだった。

 イスラエル国家警察報道官は、コメントを求める電話に即座の返答をしなかった。

(略)

全文:Ma'an News Agency

アーカイヴ:目撃証人:パレスチナの若者は狩り立てられる(10月13日)

追記:関連記事:「入植者指導者に轢かれた子どもは尋問された」Ynet news.com

警察は、轢かれる前、David Be'eriの車に投石するのをテープに捕らえられた子どもふたりを拘束した。同じ事件で投石のシルワンの男が起訴された
Ynet reporters
2010年10月17日

 警察は、日曜日、東エルサレム、シルワン地区へのユダヤ人入植を任務とする協会会長の車への投石が記録された、子どもふたりを尋問のため拘束した。

 オムラン・マンスール、12歳半の父親は、Ynetに、警察官らは、午前5時30分、彼の家に到着したと語った。「彼らは、石を投げ顔を隠したとして告発する彼を尋問するためロシア複合(尋問センター)に連れて行った」と、父親は語った。彼は、オムランが裁判官の前に連れ出されると捜査官が明らかにしたと付け加えた。

「彼らは、彼が保釈で釈放されると思われるので、2,000シェケル (約560ドル) を用意するようわたしたちに告げた」と、彼は語った。

 マンスールは、日曜日午後、保釈で釈放され、2週間の自宅監禁に置かれた。彼はその期間、学校に通うことが許されるだろう。

 子どもの弁護士、マフムード・ムハンマドは、逮捕に関し裁判所に訴えた。「彼は違法に(尋問)ステーションに連れて行かれた。これは深刻な不正義である - 衝突したドライバーを起訴する代わりに、警察は、この幼い少年を逮捕する」。

(略)

 父親は、彼の息子が計画された待ち伏せに参加したとの主張を拒絶した。「わたしの息子は12歳の少年だ。彼はただ子どもだ」。

 シルワン住民によると、逮捕は、子どもたちとその家族を威圧し、彼らが、その地域に入植するユダヤ人に対する抗議行動参加を妨げるため目論まれた。

 Be'eriに轢かれるのが記録された、マンスールは、事件後入院し、投石を否定した。「ぼくに向かってまっすぐ運転される車を見た時、ぼくはちょうど、地区抗議テントの金曜礼拝から外へ出たところだった」と、彼は主張した。

DSCF0757_wa.jpg
病院のオムラン・マンスール

(略)


posted by mizya at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。