2010年10月19日

イスラエル占領当局が専門医のラムラ病院の囚人訪問を拒絶

2010年10月17日

西岸、(PIC)-- パレスチナ囚人委員会は、イスラエル占領当局 (IOA) が、専門医療委員会のラムラ刑務所病院拘束下のパレスチナ人患者訪問許可と、彼らの生命に完全に責任を負うことを拒絶したと語った。

 委員会は、この病院のパレスチナ人患者たちに、適切な医療が提供されておらず、彼らの生命は、常に死の脅威下にあると、その声明に加えた。

 それは、病院行政が、刑務所医師たちが、治療無視で運動機能を失った囚人、スレイマン・アブ・ドゥリエに定めた自然療法を停止したと説明、彼の医学的状態がより悪化しており、刑務所行政は、病気の原因を特定する必要な医療検査を受ける許可をまだ拒絶しているとつけ加えた。

 囚人、モハメド・アブ・リブダもまた、彼が獄中で受けた多くの手術の失敗で、多くの深刻な合併症を被っており、彼の下半身に麻痺を起こしたと、委員会は述べた。

(略)

全文:The Palestinian Information Ceter

アーカイヴ:パレスチナ囚人は飢えに苦しむ(07月31日)


posted by mizya at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。