2010年10月21日

先週3500本のオリーヴが入植者犯罪の犠牲

2010年10月20日

ラマッラ - PNN - PLO国際関係局は、西岸中でこの数日間に、3500本以上の樹木が燃やされたか破壊されたと語り、オリーヴに対するイスラエル入植者らによる戦争に警戒を発した。

 局は記者声明で、入植者らが、ナブルス、サルフィト、ラマッラ、ベツレヘム、ヘブロン、ジェニン、カルキリヤ周辺の地域同様、最近、北部の村々、ウルタ、テル、ブリンを攻撃し、パレスチナ領土に空前の勢力を展開したと述べた。彼らは、農夫たちが壁に近い彼らの土地に到達するのを妨げ、樹木を燃やし、作物を盗んだ。

 声明は、入植者らが、彼らのパレスチナ農地への侵入を助長し、彼らの防御を企て続けた軍隊と協調して作業したと述べた。

 地域、また国際的統計によると、パレスチナには、土地のおよそ93万8000ドナムを構成する、1000万本以上のオリーヴ樹がある。1ドナムは、およそ1/4エーカーである。豊作の年には、およそ2400万トンのオリーブ油を生産するが、近年は下回る。壁が、これらの土地を貫いて走り、およそ4万ドナムを切り離し、地主の農地到達を阻む。昨年、入植者らは、殆どがオリーヴ樹、ほぼ1300万本の樹木を破壊した。

原文:Palestine News Network

アーカイヴ:Oxfam:イスラエル政策がパレスチナのオリーヴ油産業に損害を与える(10月18日)


posted by mizya at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。