2010年10月21日

パレスチナ自治政府が西岸に国際空港建設開始の準備

2010年10月20日

3億4000万ドルプロジェクトが、西岸、エルサレムの東、8平方キロメートル区画の土地に建設されるだろう。
DPA

 パレスチナ自治政府は、木曜日、西岸、エルサレムの東に、国際空港建設開始の準備は整ったと語った。

 8平方キロメートル区画の土地に計画される空港は、パレスチナ政府の2年の国家制定建設計画の一部となろう。

「わたしたちは、来年前半に区画で作業開始の準備ができている」と、パレスチナ運輸大臣、サディ・アル-クルンズは、ラマッラで記者団に語った。

(略)

全文:Haaretz.com

 美しかったガザの国際空港は、イスラエルの度重なる空爆で見る影もない。1999年10月、わたしはガザ国際空港からカイロに飛んだ、パレスチナ・エアラインの航空機で。1998年に開港して2001年にはイスラエル軍の空爆を受けたのだから、運用できたのは2年ほどだった。2001年に空爆した後も、イスラエル軍はしばしばガザ空港を空爆している、何のために? でも今年も... そのような記事をアーカイヴで。

アーカイヴ:イスラエル占領軍軍用機がガザ空港を爆破(02月11日)


posted by mizya at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。