2010年10月22日

イスラエル軍がナブルスでナジャフ大学生3人を拉致

2010年10月21日

ナブルス、(PIC)-- 国際Tadamun人権 (連帯) 基金は、イスラエル占領軍 (IOF) が、木曜日夜明け、アン-ナジャフ国立大学のパレスチナ学生3人を、ナブルスの彼らの家を襲撃し、拉致したと語った。

 学生、イブラヒームの父親、ジャーナリストのナワーフ・アル-アメルは、IOF部隊が、夜明けに、カフル・カリール村の彼の家を攻撃し、息子に目隠しし手錠をかけて、ペタ・ティクヴァ尋問センターに連れて行ったと、息子が法学部卒業まで1カ月残すのみだったと注意喚起し、基金に語った。

 部隊はまた、工学を専攻する他の学生2人をナブルスの彼らの家から拉致し、彼らを拘置所に連れて行った。彼らのどちらもが、今年卒業することになっていた。

 基金は、IOF部隊が最近、アン-ナジャフ大学の学生に対する逮捕キャンペーンを激化させ、今月だけで8人を拉致したと確言した。

(略)

全文:The Palestinian Information Center


posted by mizya at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。