2010年10月22日

カタールとシリアがLifeline 5使節を容易にするためエジプトと調停

2010年10月20日

ラーディキーヤ、(PIC)-- パレスチナ情報センター (PIC) は、カタールとシリアが、第5支援コンヴォイ「ガザの生命線」の、包囲のガザ回廊に通過する前奏として、エジプトの市、アル-アリーシュへの旅を容易にするため、エジプト当局との間を調停していると知った。

 コンヴォイ情報筋は、シリアが、彼らの旅行手続きと彼らの支援物資と一緒のガザ入域を容易にするよう、エジプト当局を説得する一方、カタールが、水曜日夜、ラーディキーヤから飛び立つ参加者のすべての航空費用を引き受けたと確言した。

 支援物資の140台以上の車輌を運ぶ貨物船は、火曜日夜、アル-アリーシュ港に向け、ラーディキーヤ港を発った。

 Viva Palestina報道官、ザヘル・バラウィは、エジプトが、メディアの関心とラファ国境検問所での不必要な市民集会を引き起こすのを避けるため、コンヴォイが夜にガザに通過することを望んでいると語ったが、Lifeline主催者は、コンヴォイの人道的メッセージを全世界に送るため、太陽の下のガザ入域を主張する。

原文:The Palestinian Information Center

アーカイヴ:エジプトがガザへのLifeline 5コンヴォイの活動家17人に入域拒否(10月19日)


posted by mizya at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。