2010年10月23日

エルダーズがシルワンを訪ね地元住人の話を聞く

2010年10月21日

ベツレヘム – PNN - 元米国大統領、ジミー・カーターを含む平和提唱集団「エルダーズ」代表団は、今朝、東エルサレム、シルワン地区を訪問した。代表団は、入植者暴力と占領の影響を話し合うため、地元指導者と共に座った。

 エルサレム市長、Nir Barkatが、観光複合施設を建設するため、地域を何もなく(クリア)しようと計画しているので、追い立てで脅かされているアル-ブスタン地区の多くと共に、およそ5万5000人がシルワンに住む。地元報道官、ファフリ・アブ・ディアブは、パレスチナ人は1,000年の間シルワンに住んできたのに、ユダヤ人入植者らから、追放、襲撃、嫌がらせで脅かされてきたと、エルダーズに語った。イスラエル軍事刑務所に捕らえられ拷問された子どもの報告を含む、シルワン住人の一連の証明が、アブ・ディアブを支えた。

 カーター元大統領は、それらストーリーに心動かされたと語り、それらは占領の反映と語った。

「エルダーズは、支配を持っていない。しかしわたしたちは、世界が聞く声を持っている。今日、わたしたちは、エルサレム自治体首長に会い、みなさんの日々の懸念を彼に言うつもりだ。わたしたちは、占領を終わらせる解決策を見い出すため取り組み続けるつもりだ、エルサレムが、パレスチナ国家の首都となるまで」と、彼は語った。

(略)

全文:Palestine News Network


posted by mizya at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。