2010年10月24日

西岸パレスチナ墓地が冒涜される

「カハネは正しかった」とのスローガンがカフル・カッドゥムの墓石にスプレーされた。 保安部隊が調査
Yair Altman
2010年10月22日

 ナブルスからおよそ8マイル西に位置する西岸の村、カフル・カッドゥムのムスリム墓地は、金曜日、破壊された。

 現場に召集された保安部隊は、急進的カハ運動の死んだ指導者、ラビ、メイル・カハネを歓呼する「カハネは正しかった」とのスローガンとダビデの星で冒涜されたいくつかの墓石を見いだした。

 イスラエル国防軍部隊は、調査を開始し、民事行政職員と共にスローガンを消した。

(略)

全文:Ynet news.com

関連記事:「イスラエル国防軍がカフル・カッドゥム近くに配備増加」Ynet news.com

西岸の村の墓地への暴力行為が、入植者らによる更なる挑発を防ぐため、その地域への軍の部隊配備を駆り立てる
Ali Waked
2010年10月22日

 イスラエル国防軍部隊は、金曜日夜、近くのケドゥミムの入植者らが再び村に潜入するのを防ぐ試みで、ナブルスの西、西岸の村、カフル・カッドゥムの周りに配備された。

(略)

 カフル・カッドゥム住民は、入植者ら何十人もが村を見下ろす丘の頂上に集まったと報告し、イスラエル国防軍が、口論を避けるため、配備を増大した。

(略)

 村人はまた、イスラエル国防軍がまた、ナブルスに通じる道路に繋がるカフル・カッドゥムの東検問所の解放を拒否したと訴えた。

「イスラエルは軽減について話すが、入植者らの攻撃を止めるために実際なされることは何もない。検問所が閉じられたままの現実は、(ナブルス)市へのわたしたちの道のりが2倍になることを意味する。イスラエル国防軍と入植者らの間で、わたしたちの困苦は倍加される」。


posted by mizya at 18:31| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。