2010年10月25日

イスラエル軍チーフが調査で支持

ガビ・アシュケナージが、ガザ行き支援小艦隊への致命的襲撃を調査する委員会の前で、2回目となる証言。
2010年10月24日

2010102482929354360_20.jpg
アシュケナージは、他のイスラエル上級将校らがツルケル委員会の前に出頭するのを禁じてきた [EPA]

 イスラエル軍幹部は、親-パレスチナ活動家9人が殺戮された、5月31日のガザ小艦隊襲撃を調査するツルケル委員会の前で、2回目となる証言をした。

 幕僚長、ガビ・アシュケナージ中将は、他のイスラエル上級将校の委員団の前への出頭許可を拒絶し、ツルケル委員会により、日曜日、再び証言することを求められた。

 彼は、彼らの証言が引き起こすリスクに彼らを晒したくないと語った。

 アルジャジーラ特派員、Sherine Tadrosは、エルサレムからの報告で、アシュケナージが、主導船「マヴィ(マルマラ)船上での彼の兵士らの行動の擁護と正当化に、午前の殆どを費やした」と語った。

(略)

全文:AlJazeera

関連記事:「幕僚長:マルマラから盗んだ兵士らは『野生の雑草』」Ynet news.com
2010年10月24日

 ガビ・アシュケナージ幕僚長は、イスラエル国防軍の襲撃で、マルマラから盗んだ兵士らは「野生の雑草」と語った。
 事件を調査するツルケル委員会の前で話し、彼は、イスラエル国防軍のイメージを損ねたと語り、軍が問題に対処すると約束した。 (Hanan Greenberg and David Glick)

     「イスラエルがガザ船に弾丸308発を発砲:将軍」REUTERS
Dan Williams
エルサレム
2010年10月24日日曜日

(ロイター) - イスラエル特攻隊が、5月、ガザ行き支援船に乗船し、強奪されたウージー機関拳銃を含む凶器で彼らを攻撃した乗船者を撃退するため、実弾308発を発砲したと、日曜日、イスラエル将軍トップは語った。

 国家が指名した陪審員の前での2回目の証言で、しばしば短気に、ガビ・アシュケナージ中将は、改造された巡航船「マヴィ・マルマラ」号での親-パレスチナのトルコ人9人の海軍による殺害は避けられなかったと主張した。
(略)

 ロイターの記事、アシュケナージの、アルジャジーラによる説明「擁護と正当化」の内容に特化した記事は、イスラエル海軍特攻隊のマヴィ・マルマラ号からの窃盗についてのアシュケナージの発言を「とりあえず」報道したらしい、イスラエルのYnet記事と比べてさえ、奇異、さすが北米基盤の記事配信会社、このような記事に仕立てなければ、北米のイスラエル・ロビーには受け入れられないということだろう。
 ところで「野生の雑草」には「人間のクズ」といった意味があるのかもしれない、調べないで直訳してしまったけれど...


posted by mizya at 12:26| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。