2010年10月27日

入植者らはパレスチナの村に汚水をあふれさせる

Palestine Monitor
2010年10月24日

ベイト・ウムマルは、イスラエル人入植者らから継続的嫌がらせを受ける、パレスチナの何百もの村のひとつに過ぎない。彼らは、その土地を失い、彼ら自身の水資源へのアクセスを制限され、石が彼らの窓を砕き、真夜中の逮捕、催涙ガス弾、ゴム弾、日々のイスラエル軍侵略を被ってきた。最新の侮辱:入植者らの糞便が、ベイト・ウムマルのブドウ園を覆う。

 重要な農地12エーカーが、近くの違法入植地、グシュ・エツィオンから放たれた何千リットルもの未処理汚水に浸された。入植地は、汚水を、農業目的で飲用には適さない「グレー」の水を抽出するため濾過する浄化槽に蓄える。残余の濃縮された有毒汚物が、10月18日、麓のパレスチナ農地にまっすぐ放出された。臭気は強烈で、ブドウ作物は壊滅、ベイト・ウムマル住民はくたびれ果てている。

「仮にイスラエル人らが二度と汚水を投棄しないとしても、土地は化学溶剤で浄化し、汚染された深さ1メートルの土は取り除き、次に新しい土を運び込む必要があるだろう」と、ベイト・ウムマル公衆委員会のボランティア、ライード・アボイヤシュは語った。

(略)

全文と画像2枚:Palestine Monitor

アーカイヴ:ブドウ園が入植地の下水で溢れる(04月25日)


posted by mizya at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。