2010年10月27日

1948年のナクバと「膨大な書籍強盗」

ADAM HOROWITZ
2010年10月25日

「膨大な書籍強盗」プロジェクトウェブサイトから:

 パレスチナ書籍6万冊が、1948年戦争で、新生イスラエル国により系統的に略奪された。盗まれた書籍の物語は、わたしたちのプロジェクトの中心であるばかりでなく、より大きく広範な努力の発射台でもある:わたしたちは、1948年のパレスチナ文化の破壊を通し、パレスチナの悲劇の範囲と深度を伝達しようと意図する...

 書籍「収集」動因は、すべての貴重書籍が終わった(?) - シオニスト運動の主要な文化団体とイスラエル国 - イスラエル国立図書館の経営陣と司書らからやってきた。他のパレスチナ書籍3万冊が、ハイファとヤーファで「収集」された。

 今日、略奪の書籍、6,000冊が、国立図書館の棚に見いだせる;死んだ中国皇帝の固定化された軍隊のように、編成され、アクセス可能だが、生命のない、索引はラベルAP - Abandoned Property、遺棄物。 ヘブライ語で、国立図書館は「国立本の家」と呼ばれる。

 このまったく知られていない歴史的事件は、偶然光があてられた:国の様々な記録文書を調査していて、イスラエル人博士過程学生、Gish Amitは、「書籍」とそれらの「収集」の必要を記述する記録に偶然出会った。

 略奪事件は、荒廃させるために葬った後、いかに、ひとつの文化が他の遺骨から立ち現れるかの顕著な実例だ:パレスチナ文化が破壊されている瞬間はまた、新イスラエルの意識が生まれる瞬間でもある;パレスチナでのアラブ存在の抹消ばかりでなく、彼らの文化の破壊にも基礎を置く。

(略)

全文とヴィデオ(2分58秒):Mondoweiss

アーカイヴ:研究者:イスラエルはパレスチナの書籍を破壊した(01月31日)


posted by mizya at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | video | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。