2010年10月27日

ナブルスの古いクラフトに脱帽

Palestine Monitor
2010年10月25日

ナブルス旧市街は、世界最古の都市のひとつだ。およそ2,000年前、ローマ人により設立された都市は、ビザンティン、クルセイダー、イスラーム、オスマンの支配を生き延びてきた。現在、イスラエル占領下にあるが、ナブルス旧市街は、魅力的でよく保存された文化的体験を留めている。

ナブルス旧市街の訪問者たちは、色と芳香のエキゾチックなパッチワークに迎えられる。路地を探検して訪問者たちは、通りの商人たちの間を縫うように進み、スパイス袋、手織りの敷物、積み重ねられた陶器の迷路の間を注意深く進む。さらに古代の壁の中で、伝統的石鹸工場、トルコ浴場、古美術店は、この騷がしい中枢の核心に、それらの場所を長いこと打ち立ててきた。ナブルス旧市街は、現代の探検家たちに、何世代にも渡りその撚り合わされた経路で満たされた、折衷的文明の圧倒的知覚の証言と、刺激的午後を提供する。

文・写真:Brynn Ruba


DSC00326-3c0f1.jpg
何世代も焙じてきて煤煙の蓄積が古代の壁を覆った。

原文と画像14点:Palestine Monitor


posted by mizya at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | image | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。