2010年10月28日

CounterPunch独占報告:人体器官と生の侵害

2010年10月25日

CounterPunch独占報告

イスラエルの国立法(医学)研究所における組織・皮膚・骨・臓器の採取

NANCY SCHEPER-HUGHES

編集特記:Nancy Scheper-Hughesは、医学と社会で博士課程を指導する、カリフォルニア大学バークレイ校、人類学の教授である。1996年以来、彼女は、死体、人体器官、移植医師、彼らの患者、仲買人、腎臓セールスマンの移動と、そして、いくつかの国々での - ブラジル、アルゼンチン、キューバから、モルドバ、イスラエル、トルコまで、インド、南アフリカ、合衆国まで、臓器や組織採取の実行を追いかけ、人間臓器の世界的売買に関する意欲的実地調査に関わってきた。彼女は、UCバークレーで、独立した、医学的人権調査・考証センター、Organs Watch(臓器監視)の共同設立者である。

 以下は、元所長で現在の病理学者チーフ、Yehuda Hiss博士の保護の下、イスラエルのL. Greenberg National Institute of Forensic Medicine(L. Greenberg国立法医学研究所)、通称アブ・カビール研究所で何年間も指揮された、組織・皮膚・骨・臓器採取に関する彼女の詳細な報告である。2009年8月、Donald Boströmが、スウェーデンのタブロイド判新聞、Aftonbladetで、パレスチナ人からの臓器採取の主張を浴びせ、「血の中傷」の激しい非難を引き起こす遥か前、Scheper-Hughes博士は既に、Hiss博士にインタヴュし、ここでの彼女の報告の一部を形成するインタヴュ・テープを持っていた。


(略:まだ編集特記の2/5ほど、本文までの到達は覚束ない。イスラエルで臓器採取を指揮していた人間へのインタヴュで貴重。臓器採取は軍と結びついて実施され、死亡したイスラエル兵から採取することもあったが、裁判になるリスクを孕み、その点、パレスチナ人からの採取は、遺体がイスラエル境界外に送られるため、懸念はなかったと語る。必要な臓器を手に入れるため、前段階として、「遺体」をつくったとも。臓器移植がなかったなら、臓器は採取されただろうか?「遺体」をつっくてまで... 臓器移植は果たして医学だろうか... )

全文:CounterPunch

アーカイヴ:イスラエルが90年代許可なしで臓器採取(2009年12月22日)


posted by mizya at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。