2010年10月28日

国連が8月のパレスチナ国家(樹立)計画を支持

TOVAH LAZAROFF
2010年10月26日

「今や国際的役割を担うすべてが、近い将来のいかなる時点かに、パレスチナが準備する国家樹立に合意する」と、国連官僚、セリーはファイヤドに語る。

 国際連合安全保障理事会は、イスラエルが新たな入植地建設の凍結を更新しないなら、パレスチナの一方的独立宣言を支持するだろうと、中東和平問題国連特別調整官、ロバート・セリーは、火曜日、イスラエルに警告した。

「仮に凍結が更新されないなら、その時はええ、多分これは起こるだろう」と、シロ入植地に近いベンヤミン行政区(占領地に、国際法に反して建設された入植地の、占領者の行政区を記されても、どのあたりかなど判らない。イスラエルの右翼新聞とはいえ、英語紙なのだから国際基準に従うべき - mizya)に位置する、西岸の村、トルモス・アイヤのオリーヴ畑で、エルサレム・ポストと話して、セリーは語った。

(略)

全文とヴィデオ(2分30秒):The Jerusalem Post


posted by mizya at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。