2010年10月29日

Williams:ナフレル-バレド住民は2011年に戻ることができる

The Daily Star
2010年10月28日木曜日

ベイルート:レバノンの国連特別調整官、マイケル・ウィリアムズは、水曜日、打ち砕かれた北部ナフレル-バレド・パレスチナキャンプ住民が、2011年前半、家に戻るだろうと語った。

「朗報は非常に非常に近く - わたしは自身で建物のいくつかを見た - 非常に近く、新年早々、わたしたちは、人びとがキャンプに戻り始めるのを見ることを望んでいる」と、ウィリアムズは、キャンプへの現場訪問に続き、記者団に語った。

 2007年、レバノン軍とアル・カーイダに触発されたファタハ・イスラーム闘士グループとの間の106日間の衝突で、ナフレル-バレドは瓦礫に変えられ、その住民は避難を余儀なくされた。

(略)

全文:The Daily Star

アーカイヴ:UNRWAがナフレル-バレド再建の詳細な計画を要請(09月10日)

 戻ることができる、難民キャンプに、パレスチナ48(1948年までの歴史的パレスチナ)に、ではない。


posted by mizya at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。