2010年10月31日

アブ・シャアルが戸建て住宅750棟建設承認を非難

2010年10月28日木曜日
Mays Al-Azza - IMEMC & Agencies

宗教業務大臣でエルサレム委員会委員長、ターレブ・アブ・シャアルは、水曜日、イスラエル自治体の地域建設・組織委員会による、被占領エルサレムのベズガト・ゼエフ入植地での戸建て住宅750棟の建設承認を非難した。それらは、イスラエルとパレスチナ間の和平プロセスを遮断しないため、段階的に建設されるよう計画される。

 彼は、この承認を、エルサレムと西岸で入植地建設を継続し、都市を「ユダヤ化する」新たなステップと看做した。彼は、新入植地建設が、イスラエルの目標に役立つようエルサレムの土地を支配するため、イスラエルとアメリカの共同に始まると指摘した。

 彼は、パレスチナ人とその土地に対するイスラエルの実践を非難する真剣な国際支援を要請した。

原文:International Middle East Media Center


posted by mizya at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。