2010年10月31日

「ネタニアフが一時的パレスチナ国家を提案」

パレスチナ上級情報筋は、アル-ハヤト新聞に、首相が、過渡期に、西岸領域の40%以上の支配を維持し、エルサレムを延期、難民問題を将来の交渉とする計画を作成したと語る
Roee Nahmias
2010年10月30日

 ベンヤミン・ネタニアフ首相が、米国政権に、パレスチナ国家が一時的境界内に設置される10年の過渡期に基づく「臨時解決」の計画に応じるよう説得を試みていると、ロンドン拠点のアル-ハヤト新聞は、土曜日、報じた。

 パレスチナ情報筋に基づく報道によると、エルサレムと帰還権の問題は、現在の計画に記述されない。

(略)

全文:Ynet news.com

 現状維持で、名目だけのパレスチナ国家、こんなことを「提案」するなどまったく含羞ない男、ネタニアフ。


posted by mizya at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。