2010年11月03日

IJAN声明:アパルトヘイトへの忠誠はありえない

これは提出されるべき質問、組織されたユダヤ人コミュニティ指導部にでなく、というのも、彼らが決定できる会員資格はともかく、彼ら指導部に向けては決して決定しないだろうから。何故アパルトヘイトなのか? 何故民族浄化なのか? 世界の歴史上、最大のユダヤ人ゲットーとしてイスラエルを維持するためか? 悪質な着想。わたしはIJANと共にある。 あなたもそうしたほうがいい。

2010年10月31日日曜日

 2010年10月10日に、イスラエル政府は、市民権を与えられた非ユダヤ人市民に「ユダヤ・民主国家」への忠誠を宣誓する義務を負わせる法案を提出した。The International Jewish Anti-Zionist Network (IJAN/国際ユダヤ人反-シオニスト・ネットワーク) は、その存在が、パレスチナの生来の民族除去を前提とされる国家 - ユダヤ人国家としてのイスラエルの承認を要求するこの試みを遺憾に思う。

 この法案への応答で、イスラエルのシオニスト「左派」メンバーは「ファシズムからの独立宣言」を発表した。中東の最も民族浄化された都市 (生来人口:4パーセント) テルアヴィヴの集会で発表された宣言は、法案が「イスラエル国が設立された原則 --(イスラエルの)基本的公約、平等・市民的自由・平和の真摯な熱望の原則への基本的委任に反する」と断言する。

 シオニスト「左派」は、この政策から自体を遠ざけているが、提案された宣誓は、イスラエルの人種主義土台と継続的民族浄化 - シオニスト「左派」が過失と体裁繕いで中心的役割を果たしたすべてに完全に一致している。

(略)

全文:ewbonics


posted by mizya at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | statement | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。