2010年11月05日

ユダヤ人入植者らがナブルス南部のパレスチナの土地併合

2010年11月04日

ナブルス、(PIC)-- ナブルス南部、エリ入植地のユダヤ人入植者らは、木曜日予告なしに、入植地に近いパレスチナの土地を均し始めたと、目撃者たちは報告した。

 彼らは、同様の拡張作業が、シロ入植地やシュヴァト・ラヘル入植地近くで見られたと語った。

 そうこうするうち、1,000人以上の過激入植者らが、木曜日夜明け、巨大な数のイスラエル軍兵士らにより警護され、ナブルス市のナビ・ユースフ墓になだれ込んだ。

 地元筋は、イスラエル軍が、墓に隣接する市の東近郊を封鎖して、入植者らはバスで到着したと語った。

 彼らは、入植者らが、日没に撤退するまで儀式を行ったと語った。

 その地域の青年たちが入植者らに石を投げると、兵士らはガス弾とゴム(皮膜)弾発砲で応じた。死傷者は報告されなかった。

原文:The Palestinian Information Center

 相も変わらず、日々起こることが、今日も起きている。わたしたちは指をくわえて眺め、何もしない。


posted by mizya at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。