2010年11月09日

国連団体が権利侵害で米国を非難

米当局は、グアンタナモと拷問の申し立てで人権理事会の批判集中に直面する。
2010年11月05日

 合衆国は初めて、人権抑圧の罪名で国連人権理事会に直面した。

 スイス、ジュネーヴの協議会メンバーは、金曜日、米国政権に、グアンタナモ湾刑務所の閉鎖と、海外米国軍による申し立てられた拷問の調査を求め、批判の集中を浴びせた。

 米国人権記録に関する協議会の最初の論評は、4年間に関する、国連加盟192ヵ国すべての実績の段階的調査の一部だった。

 イラン代表団は、隠れたCIA作戦が「テロリズムと戦うとの口実で遂行された」とし、人権に違反すると米国を非難した。

 欧州諸国は、ワシントンが死刑を禁止すべきと語った。メキシコは、国境での不法移民取り締まりで、人種選別と致命的暴力の使用を停止するよう促した。

 ムスリム人口世界最多のインドネシアは、ワシントンに、宗教的寛容のより良い促進を求めた。

「権利のはなはだしい違反」

 協議会の批判を評し、ニューヨークを本拠とする集団、Human Rights Watch(人権監視)のAntonio Ginattaは語った:「米国職員たちは、死刑、不十分な刑務所の状態、若い犯罪者への仮釈放のない終身刑といった、人権にはなはだしく違反する現在の悪習を言い換えることで、しばしば縮減させられた。」

 アムネスティ・インタナショナルは、米国もまた、拷問の責任ある者たちに責任を負わせなければならないと語った。
「これら勧告は、合衆国の人権記録を再建する中心であらねばならない」と、それは声明で述べた。

(略:米国の「拷問などしたことない」などという「大法螺」を翻訳する気になれないから)

全文:AlJazeera

 キューバから出て行って欲しいと言われながら、年間50万円(確か、調べていないけれど、記憶では... )ほどの借地料を一方的に振り込んで、グアンタナモに居座っているのは、米国本土では違法となる「拷問」を続けたいからに他ならない。「拷問などしたことない」なら「出て行って欲しい」と言われながら居座る必要があろうか、米国にとっての敵国、キューバに。


posted by mizya at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。