2010年11月12日

イスラエルが10月だけで子ども140人を含むパレスチナ人345人以上を逮捕

2010年11月08日月曜日

 囚人支援最高民族委員会により発表された報告は、先月、イスラエル占領軍が、西岸、エルサレム、ガザ回廊のあらゆる地域から、子ども130人と女2人を含むパレスチナ市民、345人以上を逮捕したと確認した。これは、イスラエル労働許可を得ていないパレスチナ人労働者500人以上の拘留に加えたものである。

 委員会によると、最大の逮捕者は、子ども15人を含む90人の個人が拘束されたヘブロン市で出た。

(略)

 アル-アシュカルは、10月ひと月で、ことさら被占領エルサレムで、拘束される子どもの数が著しく増大したと力説した。子どもたち全部で140人が拘束され、パレスチナの若者、入植者ギャング、国境警備の間で再生産される衝突の結果として、100人はエルサレムで逮捕された。ガザ回廊の若者と子どももまた逮捕された。

 アル-アシュカルは、占領当局が、子どもたちが入植者らに投石するとの口実のもと、軍部隊が家庭や道路遮断での子どもたちの逮捕を継続する一方で、通りで子どもたちを逮捕するのにアラブ服で偽装する「アラビア語部隊」工作員らを使用すると説明した。これら子どもたちは、しばしば激しく殴られ、入植地内で尋問される。

(略)

全文:Middle East Monitor


posted by mizya at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。