2010年11月13日

米国はイスラエルが3カ月間入植凍結するならパレスチナ国家への拒否権を誓う

2010年11月10日

ナザレ、(PIC)-- イスラエル上級官僚は、米国政権が、一定の西岸地域で3カ月間のみのイスラエル入植地凍結と引き換えに、パレスチナ国家を承認するいかなる一方的決定に対しても、拒否権を使用するかもしれないと語った。

 官僚は、この誓約が、この領域での他の諸国との軍事的優位性を確実にするだろう他の保証と、イスラエル国家非合法化を目指す国際的試みすべてに立ちはだかることをを含む、米国によりイスラエルに申し出られた一括取引の一部であると付け加えた。

(略)

全文:The Palestinian Information Center

「この領域での他の諸国との軍事的優位性を確実にする」保証と引き換えなら、イスラエルの暴力を停止させることをまず、米国は国際社会に誓う必要があろう。占領地からの完全な撤退を求めてしかるべき、たった3ヵ月の「入植凍結」でなく。


posted by mizya at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。