2010年11月14日

イスラエル軍ヘリコプター・戦車がガザ南部のパレスチナ人家屋に砲弾を浴びせる

2010年11月11日

ハーン・ユーニス、(PIC)-- イスラエル軍ヘリコプターと戦車が、ガザ回廊南部、ハーン・ユーニスの東、Abasan Al-Jadidaのパレスチナ家屋に砲弾を浴びせたと、木曜日、地元筋は報告した。

 彼らは、その家屋に、回廊との国境に配備された戦車が多くの銃弾を浴びせたとき、ヘリコプターがミサイル3発を発射し、重機関銃砲火を開始したと、語った。

 情報筋は、死傷者が出たと語ったが、医療業務コーディネータ、アドハム・アブ・サルミヤは、PICに話して、死傷者の存在を否定した。

 彼はしかしながら、状況は危険であり、その家屋が継続的にイスラエルの標的となっているため、医療クルーは到達できないと語った。

原文:The Palestinian Information Center

 イスラエルによる、殺戮を伴う日常的空爆や砲撃は報じられず、ガザからの砂漠に落ちる「ロケット弾」発射ばかりが報じられる。「貧者の武器をおぞましいと思うなら、イスラエルに支援する兵器をパレスチナにも渡したらいい」と言ったのはマイケル・ムーア。


posted by mizya at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。