2010年11月17日

パレスチナ党派が米国提案を拒絶

2010年11月16日

ベツレヘム (Ma'an) -- パレスチナの政治的党派は、月曜日、イスラエルとの会談に戻る根拠として、部分的・一回限りの90日入植凍結を拒絶した。

 米国は、被占領東エルサレムを含まない凍結と引き換えに、戦闘機20機と国連での米国支援の保証を含む、イスラエル軍事と政治的誘因を提供した。

 イスラエル首相、ベンヤミン・ネタニアフは、まだ成立していないと報道が述べる申し出を、まだ受け入れていない。イスラエルのメディア報道は、ネタニアフの安全保障内閣が、僅差で提案を通過させるだろうと示唆した。

(略)

 マフムード・アッバス大統領報道官、ナビル・アブ・ルデイナは、月曜日、パレスチナ交渉人たちは「包括的」凍結なしに交渉を再開しないと語った。

(略)

全文:Ma'an News Agency


posted by mizya at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。