2010年11月18日

イスラエルへの戦闘機30億ドル:謝礼か買収か?

LÉA PARK
2010年11月15日

 ニューヨークタイムズは、週末、殆ど同じ見出しで2つの記事を発表した。ひとつは、Mark Landlerによる、イスラエルへの30億ドル相当の軍事援助を、署名される和平協定の条件と看做すある「職員」(その職員が代弁するのはどの政府か、イスラエルなのか米国なのか手がかりのない) を引用する。ふたつ目の記事は、その日遅く、Ethan Bonnerにより掲載され、情報筋を明確に、全く異なってものを紡ぐ「イスラエル当局」と身元を明かす。米国納税者がイスラエルに提供するだろう「特別」30億ドル支出金を負った、彼らの記述の言い方は、愚かな買収でさえないナッシング(無)と見える:入植地はそれ以上、国際法下、すべて違法の入植地の90日間一時停止に、1日あたり3300万ドル!

(略)

全文:Mondoweiss

関連記事:「一方的取引」The Palestine Chronicle
2010年11月16日

1289889029obama_netanyahu_wa_gundun.jpg
ギャング首領、ネタニアフでなく、オバマ保安官が主たる犯罪者

Neve Gordon

 保安官が、犯罪組織首領に次のような取引を持ちかけたと想像してください:「お前が、3カ月、近隣からの強奪停止に同意すれば、俺は、最先端兵器をお前に渡し、お前の犯罪行為を抑制する他の法執行当局によるどんな努力も邪魔してやる」。
(略)

アーカイヴ:米国政府がイスラエルに3カ月の入植凍結と引き換えに兵器30億ドルの配分申し出(11月17日)


posted by mizya at 12:28| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。