2010年11月21日

ガザで空爆

2010年11月19日

ガザ市 (Ma'an) -- ガザ住民6人が、金曜日、イスラエル軍による沿岸飛び地への3回の空襲で負傷したと、医療従事者は語った。

 イスラエル軍は、声明で攻撃を認め、攻撃が回廊の「テロ・サイト」を標的とした語り、「直接の命中が確認された」と付け加えた。

 打撃は、ガザ回廊南部と中央のサイトを標的とした。2階建て家屋を標的としたDeir Al-Balahへの攻撃で、4人が負傷した。女ふたりを含む負傷者は、病院に運ばれたと、ガザの医療業務報道官、アドハム・アブ・サルミーヤは語った。

 2つの攻撃は、ガザ南部、ハーン・ユーニスを標的とした。南部地域への攻撃のひとつは、男と子どもを負傷させ、ナセル病院に運ばれたと、アブ・サルミーヤは語った。

 農夫たちの畑に命中した3つ目の攻撃で、負傷者は報告されなかった。

(略)

全文:Ma'an News Agency

関連記事(イスラエル・ヴァージョン):「燐爆弾がイスラエルに発射されイスラエル国防軍がガザ攻撃」Haaretz.com
2010年11月19日
パレスチナ民兵組織が、水曜日のガザでの民兵ふたりのイスラエルによる殺害への報復で、迫撃砲発射の犯行声明を出す。
Haaretz Service and Reuters

アーカイヴ:兄弟がガザ市中心への空爆で殺された(11月20日)


posted by mizya at 13:44| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。