2010年11月21日

100人以上のイギリス国会議員が普遍的司法権法改変に反対

2010年11月19日金曜日
Alessandra Bajec - IMEMC & Agencies

イギリス国会議員100人以上が、戦争犯罪申し立てで、イスラエル指導者らを告発する法を改変する、連立政権の計画に反対したと、 金曜日、Press TVは主張した。

 議会のEarly Day Motion(時期尚早動議?)に、今までのところ102人の国会議員が署名した。これら国会議員たちは、普遍的司法権法を適用するための、イギリス裁判所による権限を制限するいかなる法律にも反対する。この法に基づいて、逮捕礼状は、戦争犯罪を犯したと告発されたものに発行される。

「人権抑圧への普遍的司法権は、人道に対する罪を犯すものへの、正義をもたらす根拠の一部として不可欠である」と、動議は述べた。

(略)

全文:International Middle East Media Center

アーカイヴ:イギリスがイスラエルの圧力に陥没;「普遍的裁判権」法廃止に同意(11月06日)


posted by mizya at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。