2010年11月22日

PFLPは発射体がイスラエルに発砲されたと語る

2010年11月20日

ガザ市 (Ma'an) -- パレスチナ解放人民戦線民兵部門の総司令官は、闘士たちが、土曜日朝、イスラエルを標的に迫撃砲4発を発射したと語った。

 発射は、沿岸飛び地南部地区、密輸トンネルに命中した、12時間で2回目のイスラエルによる空爆に続いて現れた。

 イスラエル軍高官は、攻撃が、ガザからの継続的発射体発砲への応答で起こったと語った。

 民兵組織、Jihad Jibreel Brigadesは、最新の発射体発射が、水曜日に無人機攻撃により殺戮されたイスラームとムハンマド・ヤシン兄弟暗殺への応答として起こったと語った。

原文:Ma'an News Agency

 イスラエルによる空からの、海からの、そしてしばしば侵入する国境の戦車からの日々の攻撃で、ガザで死傷者が報告されない日はない。イスラエルの攻撃は「発射体発砲への応答」ではなく、日々の悪習、攻撃中毒に他ならない、米国から届く武器の消費に追われて。


posted by mizya at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。