2010年11月23日

ロバート・フィスク:譲歩の悪臭放つアメリカの賄賂

2010年11月20日土曜日

 いかなる他の国でも、この度のアメリカのイスラエルへの賄賂、そして、他の誰かの資産窃盗の暫定的停止のお返しでさえ、それを受け取る後者(イスラエル)の不承不承は、非常識と看做されるだろう。たった90日間の西岸植民地化の一時的凍結のお返しに30億ドル相当の戦闘爆撃機? 東エルサレムを含んでいない - したがって、聖都の東をパレスチナ首都とする最後の機会にグッドバイ - そして、ベンヤミン・ネタニアフがそう願うなら、アラブの土地に入植地の騒々しい継続。 わたしたちが生活していると考える通常の正気な世界で、バラク・オバマの申し出のためのことばはひとつしかない:譲歩。 通常、わたしたちの君主や指導者たちは、侮蔑と嫌悪を込めそのことばを使用する。

(略)

全文:The Independent

関連記事:「待って - わたしたちは誰に与えようとしているのか?? F-35ステルス攻撃ジェット20機を?? 何のために??」Mondoweiss
ヴァージニア・ティリー
2010年11月20日

     「哀れでむかつくコメディのもう一幕」Occupation Magazine
Reuven Kaminer
2010年11月14日

アーカイヴ:米国政府がイスラエルに3カ月の入植凍結と引き換えに兵器30億ドルの配分申し出(11月17日)


posted by mizya at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。